トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

donatero

Author:donatero
色々なバイトを経験してきましたが、良いバイトに巡り会えるかは「運」の要素が大きいです。ですので、なるべく「運」という要素を無くし、確実に皆様が良いバイトを出来るような情報を提供していこうと思います。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人サイト

珍しいバイトの求人を探している方、下記の求人サイトも参照してみてください。

https://sites.google.com/site/looprasearch/interesting-jobs

いま少し時間がないので詳細は割愛しますが、運が良ければかなりレアなバイトに従事できるかもしれません。

このようなブログを運営していてお前にはプライドがないのかって話ですが(笑)、まぁ読者のみなさんのお役に立てればということで・・・
FC2 Management

「この商材は稼げます!」は信用できるのか

今回も、性懲りもなく情報商材(ネット上で買える、「これをやれば簡単に大金が手に入ります」的な謳い文句の高額な情報。まず稼ぐことは無理なので絶対買わないで下さい)についてです。

この記事は、特定のサイト等を批判するものではありません。あくまでも、読者の方の参考になればと一般論を書いているだけです。


まず、なぜ私が読者の方にこういう危険な詐欺まがいのものの存在を教えてまでこんな記事を書いているかというと(これって私にとってすごく怖いことなんです、ここでその存在を知った方が購入の興味を抱いてしまうかもしれないから)、このようなサイトを覗かれる方は、お金を稼ぐ情報を探している内にいつしか情報商材に行き着いてしまう可能性があると思うからです。

そして、さらに言えば、情報商材に行き着いてしまった場合に、だまされて多額の金を捨ててしまう可能性が決して低くないと考えるからです。

なぜなら、情報商材を「すごく稼げる」として紹介しているサイトが物凄く多いからです。しかも、そのほぼ全ては単なる詐欺商材をあたかも貧乏人の救世主であるかのように宣伝している始末です。しかも、実質無意味な特典を付けて釣ったりして。

中にはごく一握りの優良商材を特典付きで紹介しているところもありますが、詐欺サイトと良心的なサイトを見分けることは経験がないと難しいですし、何より特典付きの優良商材を手に入れたところで、お金に困っていればいるほど稼ぐことが困難なのは以前書いた通りです。

良心的なサイトを運よく見つけることが出来ても稼ぐことは簡単ではないのに、詐欺サイトが殆どなんて、話になりません。そしてもちろん、詐欺サイトは良心的なサイトのフリをします。A,B,Cと三つの詐欺商材があったとすると、AとBをボロクソに批判して、Cを「これは稼げます!」と言って特典付でお勧めするのです。

単にある商材を勧めるだけではなくて、同時に他の商材を「これは詐欺です」と批判すると、何だか説得力が増しませんか?こんなのはまだまだ序の口で、ありとあらゆる手段を使って、詐欺サイトの運営者たちは、自分が消費者の味方であると思わせようとします。そして購入してもらうことによって、商材一つにつき万単位の紹介料(アフィリエイト報酬)をもらうのです。

結局、詐欺を行ってお金を稼ぐ人はその道のプロですから、この世界の現実を知らない人を騙すことなんてお手の物なんです。私自身も随分と痛い目に遭いました。いつだって有利な立場にいるのは、情報を受け取る読者ではなく、発信する側です。彼らの金づるになってはいけません。

また、比較的良心的なサイト(優良商材のみを紹介し、特典も付けている等)であっても、そのほぼ全ては、結局お金儲けのためにやっているんです。前述の通り、自分が書いたリンクから商材を購入してもらえたら、紹介料がもらえるのですから。

継続的にブログを書くというのは、決して楽なことではありません。ではなぜ、何百個も、商材をする記事を書くことが出来るのか?というと、ほんの少数の例外を除いて、お金がほしいからです。

そう考えてみると、たとえ騙すような悪意はなくても、紹介する文章に多少の誇張が混じってしまうのではないかと思えてきませんか?一つ買ってもらえたら、数千円~数万円手に入るんです。心根の優しい人が書いていても、どうしてもお金を稼ぎたいという欲望は付きまといます。

だからこそ、良心的なサイトであっても、全てを鵜呑みにすることは良くないと思うのです。情報商材に頼っても、基本は稼げません。優良商材に出会っても、ビジネスが軌道に乗るまでは強い根気が必要です。多くの人が、そこにつまずいて挫折しています。

なので、前にも書きましたが、情報商材を買うなら最低条件として、一定の収入を確保出来る仕事をしていなくては危険すぎます。安定した収入がない状態では、結果を焦って必ず失敗します。


夢のないことを書きましたが、これが私が実際に体験し、この目で見てきた現実です。情報商材を購入して、損をしてしまう人が少しでも減ってくれればと思います。

ポイントサイト注意点

最近私が紹介することの多いポイントサイトなのですが、少し注意点があります。

それは、FX等の口座開設やクレジットカードの発行についてです。これらの案件は総じてもらえるポイントが多く、一発で数千円から万単位の報酬が発生するので非常に魅力的なのですが、注意が必要でもあります。特に、口座開設。

これは、口座開設だけでなく、「その後一定の取引をしたら報酬(ポイント)発生」という条件のものが多いので、報酬を手に入れるには定められた額(回数)の取引をしなければいけないのです。

そうすると当然、お金を失うリスクが生じます。もちろんトータルで勝てれば報酬と合わせて万々歳なのですが、お金に困っている人がそれをするのは危険すぎます。こういう取引のプロならともかく、一般の人は目先の報酬につられて手を出したらいけません。それで損をしてしまったら、紹介している私が辛いんです(笑)。

ですから、口座開設は高報酬であってもお勧め出来ません。もともと「無料でお小遣いが出来るもの」としてポイントサイトを紹介しているのに、リスクを冒して欲しくありません。これらの案件はスルーがベストです。

では、クレジットカードはどうか。これに関しては、まず年会費が無料のものを選びましょう。いくら高額の報酬をもらえても、年会費を払わないといけなかったら本末転倒です。あくまで、カードの発行や所持が無料で済むもののみにしましょう。年会費無料であれば、必ずそうアピールしてあるはずなのですぐに分かります。

なのでカード発行については、無料のものに限ってはアリだと思います。

そしてもう一点、クレジットカードとは便利である反面怖い存在でもあります。節度をわきまえて使用する分には何の問題もないのですが、調子に乗って使いすぎてはダメです。結局、カード支払いと現金支払いの相違点は、お金を払うタイミングの違いであって、カードだとその場ではお金を使わなくて済みますが、一月後くらいに払うことになるんですから。

私も調子に乗ってカード支払いをしまくって、自分の使用額を見て青ざめた経験があります。それは本当に恐ろしいです。借金抱えたようなものですから。ですから、金遣いが荒いタイプの人は、カードの案件も避けたほうが良いです。

カードを発行して報酬をもらったら、後は本当に必要な時だけ使うようにしましょう。それが出来る人には、カード発行はお小遣いを得る有効な手段だと思います。

以上の点に注意して、どうか「無料でのお小遣い稼ぎ」として利用して下されば幸いです。


げん玉

情報商材と負のスパイラル

現在、立て続けに情報商材への注意を喚起する記事を書いていますが、正直に言って、このようなことは書くべきかすごく迷いましたし、今でも心配はあります。

別に、情報商材販売者から命を狙われるとか思ってるわけじゃないです(笑)。何を危惧しているかというと、「これを読んで情報商材を買ってしまう人が出ないか」ということです。

実際、情報商材なんて、詐欺ばかりですしそうでなくても危険があまりにも大きいので、存在を知らずに済む方がいいと思うんです。存在を知ることで興味を持ってしまう・・・なんてことが起きないか怖いです。

でも、このようなブログを見てくださっている方は、同じようなサイトを検索している内に情報商材に突き当たる可能性も決して低くはないと思うので、敢えて書かせて頂いています。どれだけ魅力的に思えても、絶対買っちゃだめですよ。紹介料欲しさに、単なる詐欺商材を「稼げる!!」と嘘ついて絶賛しているところばっかりですから。


さて、前置きが長くなりましたが、今回は私が情報商材を買っても十中八九損するだけだと主張している理由をもう少し詳しく書きます。

まず、情報商材の購買層の多くはお金に困っている人であろうことは容易に想像出来ると思います。わざわざネットでそういう情報を探すんですから。

私は、まずこの点からマズいと思うんです。情報商材販売者の思う壺です。情報商材(もちろんごく一部の優良なものに限られますけど)で成功出来る人って、ある程度お金に余裕がある人が殆どではないでしょうか。

どういうことかと言うと、情報商材を手に入れるためにはお金がかかります。高いものは二十万円を超えたりしますし(笑)、安くても一万円はかかるでしょう。お金に困っている人には痛い出費です。それでも、稼ぎたいから、なけなしのお金を払うのです。

これって、変じゃありませんか?飢えた人に「食料をたくさん手に入れられる方法を教えてやるから、手に持っているパンをよこせ」何て言いますか?

お金を稼ぐために、手痛い出費をする・・・しかも、それが現実的な見込みのあるものならともかく、蓋を開けてみるまで中身が分からない玉手箱なんですから。とんでもないギャンブルです。


たとえそれが実際に稼げる可能性のある優良商材であったとしても、ほとんどの場合は稼げずに損だけをしてしまう結果に終わるでしょう。

それはなぜか?

前回の記事で書いた通り、ネットビジネス(情報商材のノウハウ)でお金を稼ぐには、それがどれだけ優良なものであっても、取組み始めてから成果が発生するまでの間に、基本的に一定のタイムラグが存在します。そしてそのタイムラグを我慢して、成果が出るか出ないか分からない不安な状態にも耐えていけた人のみが、実際に報酬を手にすることが出来ます(もちろんこれは前提条件であって、我慢することが出来てもやり方がまずいと成果は出ません。時給制のバイトと違って完全歩合制ですから)>

そして前述のように、殆どの人はただでさえ金欠の状態でなけなしのお金を使って高額情報商材を買うんですから、本当にお金がないわけです。そうすると、当然焦ります。早く報酬が欲しいから。必ず決まった日に給料が貰える時給制のアルバイトでも、一か月後、或るいは半月後まで給料が貰えないと思うと長く感じたりしますよね?それが、ネットビジネスではいつもらえるか分からないんですから、その焦燥は相当なものです。

すると何が起こってしまうかというと、「さらに良い優良商材を探す」のです。そして甘い文句に騙されて、高額の商品を購入してしまいます。

もう、これは完全に負のスパイラル。結局次の商材でも同じことが繰り返されて、より早く、確実に成果の出るものを探して多額のお金を消費し、どんどん追い込まれていってしまうのです。

これが、情報商材を買ってしまう人の現実です。実際に稼いでいる人なんてほんの一握りもいいところです。「お金がない人は必死になれるから、情報商材で稼げる」なんて嘘っぱちです。デタラメです。お金を搾取する側の人間に騙されちゃいけません。早く早くお金が欲しいと必死になって焦ってしまっているからこそ、却って一つのものを我慢強く続けることが出来ないんです。

稼げる人は、もともとお金に余裕があって、成果が出なくても焦らず地道に続けていける人くらいなんです。そういう人は、「まぁ成果が出なくても仕方ないや」と、一つのものに気楽に、しかし結果的に長く取り組めます。短期的な結果を求めませんから。ネットビジネスは、あくまで副業です。本業にするのは、成果が出て軌道に乗ってからがベストです。

ネットビジネスに取り組むのは、他にアルバイト等の仕事をしていることが最低条件なんです。


偉そうに長々と書きましたが、お金に困っている読者の皆様が、楽に大金を稼げる方法を探して情報商材に行き着いて、買ってしまうことのないように願っています。他サイトさんでお勧めされていても、お金に余裕がないうちはどうか手を出さないで欲しいです。レビューなんていくらでも誇張や嘘が書けますから。

情報商材・・・アルバイトより大変?

まず、情報商材ですが、お金稼ぎ系のものでは殆どネットビジネス(インターネットを使ったお金稼ぎ)の方法が紹介されています。そうしたもので稼ごうとする人のほとんどは、そしてもしかすると、このようなブログを読んで下さっている方の多くも、「楽してお金を稼ぎたい」と思ってらっしゃるのではないでしょうか。

そして情報商材は、セールスレター(宣伝文)を読む限りにおいてはそのようなニーズを満たしてくれるもののように思えますし、優良なものなら条件付きでその通りだと解釈することも出来ます。

私は「条件付き」、「解釈することも出来る」という曖昧な表現を使っていますが、まさにここが落とし穴で、読者のみなさまに情報商材をおすすめすることが出来ない最大の理由です。


まず、どんな優良商材であっても、楽にお金を稼ぐことは無理です。コンビニや居酒屋でバイトした方がよっぽど少ない労力でお金を貰えます。

じゃあ、優良商材なんて存在しないじゃん・・・ってなりますが、必ずしもそうではなく、「ある一定の段階を超えると、優良商材のノウハウを使った方がはるかに楽にお金を稼げる可能性が出てくる」のです。いわゆる不労所得というやつですね。

この言葉は非常に魅力的です。だって、読んで字のごとく、殆ど働かないでお金が手に入るんですから。こういう甘い言葉に釣られて、多くの人が情報商材に手を出してしまうのですが、そのほぼ全員が成果を得られないまま挫折しています。要は、その「ある一定のレベル」を超えることが至難なのです。

その理由は色々ありますが、何より大きいのが、「どれだけやっても、成果が出る保証が全くないから」ではないかと思います。ネットビジネスなんて言うなれば完全歩合制の世界ですので、何時間、何十時間取り組んだとしても、全く収益が発生しない可能性があるわけです。もちろん、優良商材というからには、真面目に取り組みさえすれば遅かれ早かれ高確率で報酬が生まれるように工夫されてはいるのですが、それでも軌道に乗るまではかなりの根気が必要です。

なぜなら、同じことを考えている人は、どこにでもいるからです。同じように楽してお金を稼ぎたくて、同じように商材を購入して、同じようにそのノウハウに取り組もうとしている人はたくさんいます。そのような中で、何時間取り組んでもまともに収益が出ない状態、時給換算で50円とか0円の状態を辛抱強く我慢して、一定のラインを超えるまで頑張り続けることがどれだけの人に出来るのか?

もう、私が伝えたいことがお分かりになったでしょうか。コンビニや居酒屋等の通常のバイトに取り組むよりも、はるかにしんどい作業なんです。パソコンをいじるだけなので肉体的にはそれほど大変でなくとも、精神的にかなり堪えます。成果が出ない、これ以上続けても出る保証が全くないという状態に耐えなければいけないんですから。

だから、時給制で働く雇われアルバイトを続けられない人がやっても、まず利益を上げることは無理なんです。かなりの根気が必要ですから。私が落とし穴と呼んでいるのはまさにここで、アルバイトがしんどいからネットビジネスに取り組もうにも、ネットビジネスはもっとしんどい世界なんです。楽になるのは、そこを乗り切ってからです。

もちろん、人には向き不向きがありますし、誰にとってもアルバイトより大変だとは言いませんが・・・しかし、成果が出るという確信もないのに作業を続けられる人は決して多くないでしょう。特典があっても、それは同じです。あくまで補助ですから。

アルバイトでは行きたくなくても責任があるから行かざるを得ませんし、結果としてそれで給料が貰えますが、ネットビジネスはあくまでやるもやらないも個人の自由なので、買うだけ買って続かずに止めていくという人が後を絶たないのです。

夏休みの宿題だって、親から早くやれと言われてもなかなかやれないですよね(笑)。まぁネットビジネスの場合は報酬を得るためという明確な動機づけがありますが、宿題だってやってしまえば残りの夏休みがすごく楽になると分かっているのになかなかやれませんし。

昨年「いつやるの今でしょ」という言葉が流行りましたが、上述のようにバイトなら、シフトが入っていれば嫌でも「今」やらないといけません。そして給料が貰えます。しかしネットビジネスの場合、やりたくないなら「今」やらなくてもいいんです。誰からも叱られないんです。

なんだかくどくどと書きましたが、情報商材を買ってネットビジネスで稼ぐには、そのノウハウの良しあし以前に、確かな根気や行動力が必要になる、ということが伝わったなら幸いです。現在ではこのことを痛感しているからこそ、私はとても皆さんにお勧めする気にはなれないのです。値段も高いですから。

かつて情報商材を勧めていたころ、私はこの認識が甘かったです。その反省もあり、現在では情報商材の紹介を中止しています。無料で取り組めるお小遣いサイトは紹介していますが(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。