トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

donatero

Author:donatero
色々なバイトを経験してきましたが、良いバイトに巡り会えるかは「運」の要素が大きいです。ですので、なるべく「運」という要素を無くし、確実に皆様が良いバイトを出来るような情報を提供していこうと思います。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺師の私腹を肥やすもの

久々の更新ですが、詐欺情報商材について書きます。

これで駄目なら他でも駄目!毎月2万円のネット不労所得を 得るための初心者限定完全不労所得マニュアル


これ、絶対に買ったりしちゃだめですよ。絶対に絶対に絶対に、いけません。まず稼げません。他のサイト等で見つけて買おうか迷ってしまっている方のためにリンクは貼りますが、本当に手を出すのはやめてください。単なる詐欺ですから。

32000円を無駄にしてしまうだけです。得られるものは絶望のみ。


この手の情報商材の怖いところは、「買ってみるまで内容が分からない」という点なんです。
だからこそ、いくらでも「初心者でも大金稼げます!!」なんてハッタリをかますことが出来ますし、どんな宣伝文句を使おうとも、中身を知らない以上は何となく信じてみたくなってしまうんです。

もう、完全に発信者が有利なんですよ。内容が厚いベールに覆われている以上、消費者は完全に受け身です。返金保証なんてありますけど、こんなのも返金請求されようが返すか返さないかは売り手次第ですから、全く当てになりませんよ。法的措置に訴えたら勝てるとしても、実際に踏み切るのは面倒で億劫に感じられてしまうでしょう。

これの内容は、
メールマガジンで決まった文章を送り続けるというだけのもののようですが、そんなの絶対稼げません。断言します。絶対稼げません。この販売者の懐を肥やすだけです。たとえほかのサイト等で「稼げる」と紹介されていたとしても、絶対に買わないで下さい。稼げるなんて嘘っぱちです。「稼げる」と紹介する側は、自分の紹介によってその商品が売れたら売り上げの一部を紹介(アフィリエイト)報酬として貰えるからそうしているだけです。以前も同種のものを紹介しましたが、世の中にはこの手の詐欺商材が蔓延しています。

なので、この商材に限らず、他にもお金を稼ぐ方法が書かれた情報商材を目にする機会があるかも知れませんが、それらも絶対に買わないで下さい、とこのブログを読んで下さっている方には伝えたいです。もう、情報商材は全部です。全部が詐欺商材だとは言いませんし、確かに中には稼げる可能性を秘めたものもあります。実際に当ブログでも、過去に一部の情報商材を紹介していたことがあります。

でも、なぜだめだと言いたいのか。それは管理人の考えが少し変わったからですが、そのことについて、これから何記事か使って、少し記していこうと思います。私が最近ポイントサイトを勧めているのも、大金を得られるようなものではないものの、お金をドブに捨てるようなリスクがなく、お小遣い稼ぎの場として安全だからです。

アルバイトサイトのご紹介

回し者でも何でもありませんが、管理人が個人的にお世話になったことのある

アルバイト情報サイトのご紹介です。当ブログ自体がアルバイト情報紹介サイト

なのに、楽をするなって話ですが(笑)。


案件の数は決して多くなく、しかも都内での仕事しか載っていないので、役に立たない

方も多いかも知れませんが、けっこう珍しいバイトや条件の良いバイトも紹介されて

います。毎週火曜と金曜に情報が更新されますが、掘り出し物的なバイトをしたい

方はこまめにチェックしてみると良いでしょう。


個人的にも、居酒屋のデモンストレーターやチラシ配布スタッフなど、ここに載っている

仕事をさせてもらった経験が何回かあり、おすすめです。主な読者は大学生や若年層の

フリーターですが、そうでない方でも気になる仕事があったら応募してみましょう。


ペルソナプレス


ちょっとしたお小遣い稼ぎにおすすめ
げん玉
Get money

当ブログのスタンス

前回の記事とも関連して、ちょうどいいタイミングなので「裏バイト」

というものに対する管理人の個人的なスタンスを書かせて頂こうと思います。


当ブログでは、珍しく、一般にはあまり知られていない仕事や、都市伝説的に

存在が噂されている仕事などを主に紹介しておりますが、中には偽装結婚等、

実際に行えば犯罪となってしまうものや、前回の記事で書いたように身体的

な危険を伴うものも存在します。


それらの類のものは、管理人は決して実行を勧めませんし、むしろ絶対にやめて

下さいと言いたいです。人生を棒に振る危険を冒してまでお金を稼ごうとする

のは、このブログの読者の方にはぜひとも慎んで欲しいです。あくまでも、

読み物として楽しむだけにして頂けたら幸いです。


もちろん、治験やマグロ漁船など、一定の危険性が有り得るものでも社会から

必要とされている仕事はその限りではありませんが。


たとえば、「運び屋」(不法薬物等を車で運んで報酬を得る行為)をやらないかと

誘われたとしても、絶対にやめた方が良いです。実際に捕まって懲役8年、罰金450万円

とか、懲役7年、罰金300万円とかの事例が存在します(税関より)。

その場では捕まらなくても、それに関わった人が別件で逮捕されたときに、

芋づる式に洗い出されて御用になるなんてことも十分考えられます。

一見成功したとしても、毎日警察に怯えて過ごさなくてはなりません。

犯罪が倫理的に良い悪い以前に、トータルで見て絶対に割に合わないと

思うのです。


私ごときが偉そうなことを言えた立場ではないのですが、当ブログを

読んでそのような行為に興味を抱かれた方や、実際に誘われていて、

参考までにここを訪れたという方がいらっしゃいましたら、どうか思い

留まってくれればと思います。


健全な仕事でも、良い条件のものは存在します。このブログが、そうした

仕事探しの一助になれるよう、管理人も頑張ります。


偉そうな長文をお読み頂き、本当にありがとうございました。

続・夜のパーキングエリアの売春

夜のパーキングエリアに停車中のドライバーに売春を持ちかける

女性が存在するという記事(こちらを参照)を過去に

書きましたが、実際にこのような女性に遭遇されたという方に

もう少し詳しい話を聞くことが出来ました。


どうやら、この手の「裏バイト」には主に2パターンがあるようで、

一つはお金が欲しい(肉欲が強い)女性が自主的にやる場合と、

ヤが付く怖い職業の方がバックにいて、その人たちに指示を受けて

やる場合とです。

前者はともかく、後者は指示を受けたパーキングエリア等で売春

を行い、儲けたお金の一部をその人たちに渡すという形なのでしょう。


ここで恐ろしいのは、どうやらヤ○○さんたちは、集団ごとにそれぞれの

縄張りを持っているらしいのです。縄張りと言っても、もちろん

パーキングエリアの運営会社をケツ持ち(庇護下に置いて対価

としてお金をもらう事)しているというわけではなく、同業者間

での協定のようなものに過ぎないでしょうが。


で、問題なのが女性が自主的に売春を行う場合で、パーキングエリア

で売春中に運悪くそこを縄張りとしている人が居合わせると、

「お前うちの縄張りで何しとんじゃい」

と制裁を受けてしまうことがあるそうです。


実際に、それで怖い人たちの「相手」(意味はお察しください)

を無理やりさせられてしまった・・・という女性もいたそうです。


なので、もし当ブログを読むなどしてこの行為に興味を持たれた方

がいても、絶対に行わないでください。危険です。

違法性があったり危険が伴ったりする裏バイトについては、

ここで紹介することはあってもあくまで読みものとして楽しんで

頂くためです。実行は絶対にお勧めしません。

管理人も傷つくので、どうかおやめ下さい。宜しくお願い致します。


注意喚起の意味も込めて、書かせて頂きました。

アルバイトで有給休暇

最近はめっきり更新が減ってしまって、申し訳ございません。

その分、なるべく皆様のお役に立つ記事を配信出来るよう精進していきます。


さて、題名の件ですが、今回は少し趣向を変えて、

休んでも給料がもらえることで知られる「有給休暇」についてです。

これを羨ましく思ったことのある人もいるかも知れません。私も

高校時代、学校に遅刻しないよう必死で準備をしている隣で

社会人だった兄がぐうたら寝ているのを見て、どうして一日中

ごろごろするだけで給料が貰えるんだよって理不尽に感じたことが

ありました(笑)。


この誰もが羨む(?)有給休暇ですが、正社員限定のものではなく、

アルバイトやパートの人でも権利を取得出来ます。

でも、会社が言い忘れているのか敢えて言っていないのか、このこと

を知らない人も多いと思われます。


しかし、労働基準法の第39条で規定された正当な権利であり、

本来会社はこのことを教えて然るべきです。

こちらの雇用・労働Q&A困り事よろず相談処に詳しく

書かれていますが、週の労働時間が30時間以上あるいは週の勤務日数

が5日以上の場合は正社員と同等の、そうでない場合は週の労働日数

に応じて所定の日数分の有給休暇を取る権利が付与されます。


例えば、上記URLの表を見れば分かる通り、週3日の労働で半年働けば

年間5日分の、週二日の労働を一年半続ければ年間4日分の有給休暇を

取得することが出来ます。


ただし、この権利を得るには二つ条件があり、

一,雇用された日から起算して6か月以上勤務している
二.全労働日の8割以上出勤している

必要があります。


まぁ、この二つの条件を満たすのは決して難しいことではないでしょう。

よっぽど辛い仕事でなければ半年続けるのはそれほど苦にならない

でしょうし、自分の労働日の2割以上欠勤してしまうようなら、

有給以前にその仕事を辞めた方がいい気がします(笑)。


こういう権利を行使しようとするのは後ろめたさを感じる方もいる

でしょうが、法で保障されたものであり決して恥じることは

ありません。


機会があれば、利用してみてはいかがでしょうか。中には頑なに拒否

しようとする経営者の方もいるかも知れませんが、自信を持って

労働基準法第39条をかざせば何も文句は言われないでしょう。


ちょっとしたお小遣い稼ぎにおすすめ(ポイントサイト)
げん玉
Get Money
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。